自分らしさを取り戻し、穏やかに笑顔で毎日を送るための漢方習慣

吉祥寺で漢方相談を行っています♪ メンタル不調、月経前のイライラや落ち込み、月経痛など婦人科系のお悩み、疲れ、だるさなどの不定愁訴などのご相談を承っています!

症例(月経前の不調)〜その③漢方服用開始から5ヶ月後〜

前回の記事では、漢方薬を用いることで、月経前に感じていらっしゃった心身の不調が少しずつ取り除かれていくのを見ていきました。続きです!

f:id:hamayu_kampo:20210405171526j:image

◆六診七診は省略

 

◆八診(X+19週間後)
(月経前の症状について)
頭痛、大丈夫だった!
・イライラ、胸の張り、感じなかった
・過食は無かったが、お腹が張る感じ・重い感じがあり、ガスが溜まる感じはあった。購入した乳酸菌製剤を飲むと良くなった。
・肌荒れが少し気になる

 

(月経中の症状について)
・鎮痛剤を飲まなくても大丈夫だった
・月経中は便が少しゆるい
・食欲や胃腸の状態は良好

 

・舌暗紅、苔薄白
(血流が少し滞っている、胃腸の消化機能は正常)

 

→肌荒れやお腹の張りの状態がまだ気になりますが、月経前の頭痛が取れたことで生活や仕事のしやすさがアップされたようでした。
月経前に、補気薬(元気を補う薬)を加えたことでグンと良くなった印象でした。この場合の頭痛は、「瘀血(血流が滞っている)」が原因で起きていたと考えましたが、更にその瘀血の原因は、気虚(エネルギー不足)だったのだと思います(気虚瘀血)。初診時の状態と比べても、不調の症状や程度が軽くなっており、ご本人も、「こんなに不調がない月経ってあるのですね…!」と驚いていらっしゃいました。

f:id:hamayu_kampo:20210405171632j:image

 

瘀血(オケツ)は「血流が滞る病態」で、3つの特徴的な症状があると考えます。

⚫︎痛み(頭痛や月経痛、肩こり、腰痛など)
⚫︎くすみ(経血の色が暗い、唇の色が悪い、シミなど)
⚫︎しこり(子宮筋腫やチョコレート嚢胞など)

 

なぜ瘀血になるかはその方によって異なるので、原因を探っていくことが必要です。G様のように、エネルギー不足で血流が滞ることもあれば、日々の強いストレスや(気滞瘀血)、暴飲暴食(痰湿瘀血)、血液不足(血虚瘀血)などもあります。要因は複雑に絡み合っており、一つでない可能性も充分にあるので、身体の変化を見ながら薬を検討していくことが重要となります。

 

八診の時点で、約5ヶ月。

現在は、日々の細かい不調(腰痛など)はあられるものの、月経前・月経中の体調は比較的安定されていらっしゃいます。症状が良くなってくると、漢方の服用は、「治療」というより「予防」(=体調がガクッと悪くなるのを防ぐ、多忙や過労で一時的に身体に負荷がかかったとしても立ち直りが早くなるよう体力の底上げをしておく)の意味合いが強くなってきます。G様にはこれからも必要だと思う漢方薬や、服用を続けておくメリットをお伝えし、現在も漢方薬の服用を継続していらっしゃいます。

 

中医学(漢方)の良さは、「未病先防(ミビョウセンボウ)」できるところにあると考えています。老いや不調は誰にでも現れるもの。その方の体質を見ることで、出やすい不調というのはある程度予測ができます。

私もそうですが、調子が良い時は、調子が悪かったときのことを忘れて油断してしまいます(笑)。症状が出ていない時、落ち着いている時にそれを意識して、先回りして予防できるかどうか。それが、いつまでも健康な心身を保つ秘訣なのではないかと思います。

 

G様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
掲載許可をくださり誠にありがとうございました。 

 

☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆

漢方相談を受けてみたい方はこちらから↓↓
★お問い合わせフォーム★

 

twitterもやってます!↓↓
はまゆう@漢方で身体とこころのケア

 

★吉祥寺東西薬局HP★
TEL 0422-47-9646

営業時間:月〜土 9:30〜19:00

定休日:日曜・祝日
☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆ 

症例(月経前の不調)〜その② ニ診から五診まで

前回の記事の続きです!

 

月経前の不調で悩む方に、解決の糸口のひとつとして、

漢方薬」という選択肢を持っていただけると嬉しいです。

f:id:hamayu_kampo:20210310124136j:image

 

 

◆二診(X+14日後)
お話をお伺いしたその日は月経約1週間前。
下記のような変化をお話いただきました。


・胸や脇の張り、肩こりはいつもより少ない

・頭痛はまだある
・落ち込みは若干楽になったかも
・体が重い日があったが、「月経前だ」 ということを忘れていた
・過食を抑えられている(チョコなどを食べていない)
・不調なほどの冷えは今のところ感じていない
・会食をした後に下痢をして、 次の日の夕方まで何も食べられなかった。
・舌:尖紅、暗紫、薄白苔

 

<考察>
完全ではないものの、「いつもより何となく良い」 という体感は得られている。ただし、頭痛や肩こりなどの「血流」 の滞りはまだ改善の余地がありそう。
外食後にお腹を壊したということから、 やはり胃腸がそんなにお強くないのかもしれない、と情報をインプット。


<お薬>

・前回と同じものを3週間分
・血流を良くする漢方薬を、頭痛時頓服に飲めるように渡した

 

◆X+3週間後
メールあり。
・今日月経がきた
・月経前の胸の張りが今回なかった
・頭痛も頓服の薬を飲むと大丈夫だった
・ いつもは月経1日目に痛み止めを飲んでいるが今回は大丈夫だった

 

◆三診(X+4週間後)
排卵日付近に腰痛があった
・お腹がはる感じがする(特に月経前)
・便が細かったりコロコロしたりスッキリしない。 休みの日はそうでもない。
・月経前の過食抑えられている
  ・舌:尖紅、暗紫、薄白苔  

→平日と休日のお通じに差があることから、 ストレスにより気の巡りが悪くなる傾向が強いのかも。前回と同じお薬に加え、腸を整える乳酸菌製剤をプラス。


※四診は省略。

 

◆五診(X+9週間後)
・月経時、鎮痛剤を飲まなくても大丈夫だった
・経血に血の塊がなかった
・月経前の落ち込みがなかった
・胸の張り、過食なかった
・貧血の値が良くなっていた
・お腹が張らなくなった、排便があるとスッキリ感を持てた
・月経前の 頭痛、肩こり、目の疲れは残っており、ガンガン痛んだり、 重だるいことも。月経が始まった1日目も痛い。 こめかみや顔面が痛む。
  ・舌:尖紅、暗紫、薄白苔  

 

→全体的に良くなってきている印象があるが、 頭痛肩こりがまだ取れない。 血流を良くする薬のみでスッキリ取れないのは、 エネルギー不足による瘀血かもしれないと判断。胃腸が弱く、 血流を流す気が足りていないのかもしれない。次回の月経前1週間に、 補気(元気をつける)薬を足すことにする。 舌の状態はまだあまり変わらないが、顔色が良い。


続きます!

☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆

漢方相談を受けてみたい方はこちらから↓↓

★お問い合わせフォーム★

 

twitterもやってます!↓↓

はまゆう@漢方で身体とこころのケア

 

★吉祥寺東西薬局HP★

TEL 0422-47-9646

営業時間:月〜土 9:30〜19:00

定休日:日曜・祝日
☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆ 

症例(月経前の不調)〜その①患者さんプロフィールと治療方針〜

月経にまつわる不調で悩んでいる方の中には、

「そういうものだ」「仕方ない」と諦めている方も多いのではないでしょうか。

 

漢方薬を試して見たいと思っても、始めるハードルが高い、イメージが沸きにくい…などの理由から、なかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、治療経過を書き記すことで、

どのように体の状態が良くなっていくのかイメージして頂きたいと思います。

掲載承諾をくださったG様、ありがとうございます。

f:id:hamayu_kampo:20210207115031j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

G様 38歳(初回来局時)

主訴:月経前の、胸の張り/腰痛/気持ちの不安定さ

初回:X年X月X日

問診:

5年ほど前から、月経前に腰痛や肩こり、胸や脇の下の張り/痛みが出るようになった。

それ以前にも肩こりや頭痛はあったが、5年ほど前から顕著に症状が出るように。また、同時期から、気分の落ち込みが月経前に毎回出るようになり、泣いたり喧嘩が増えたりするため、なるべくその時期は人に会わないようにスケジュールを調整していた。

◆月経痛…1日目にあり、痛み止めを1回程度飲む

◆月経周期…25〜28日

◆経血の量…2日目に多い

◆経血の質…血塊が最近混じるようになった。貧血を自覚しているときは特に多く混じる。病院から出されている鉄剤を飲んでいる時はサラサラしているが、そうでない時は粘稠性がある。

◆胃腸…食欲は問題なしだが、貧血の薬(鉄剤)で胃が荒れている感じがある。甘いものが好きで、月経前は特に甘いものや味の濃いもの、しょっぱいものが食べたくなる(ラーメン、チョコレートなど)が、我慢している。

◆便…便秘と下痢を繰り返す。35歳をすぎてから月経前にお腹が張るようになった。月経中は下痢をする。

◆睡眠…23:00-7:00。なるべく0時前には寝るようにしている。月経前はよく寝る。寝つきは悪くない。日によって睡眠が浅い時がある。夢はたまに見る。

◆その他…口の渇きはないが、貧血を自覚しているときに氷を食べたくなることがある。頭痛・肩こりは月経前以外にも雨の日にも感じる。末端の冷えやお腹の冷えが気になる。

 

望診:顔色は白め、目の下にクマ、唇の色が暗い

舌診:苔薄白、暗紫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弁証:肝鬱気滞、気血両虚、瘀血、腎陽虚

治療方針:疏肝理気補気養血、活血、補腎

解説:

この方の場合、20代の頃は大丈夫だったのに、33歳〜35歳以降にかけて不調が出てきているのが特徴的だと考えました。女性は7の倍数で体が変化すると考え、特に35歳以降は、生殖やホルモンに関わる「腎」という臓器が弱ってくることで、月経の不調が現れることがあります。月経周期が少しずつ短くなってきているのも「腎」の弱りの特徴の一つとして考えます。ですので、まず「腎」を補い、女性ホルモンのバランスをしっかり調整する必要があると考えました。

また、中医学には、「女性は血をもって本となす」という言葉があります。女性が生き生きと健康的に過ごすためには「血」が重要であり、体づくりの基本になる、というような意です。身体に「血」が十分にあると、顔色が良くなり、髪の毛や爪、肌が艶やかになり、目がしっかり見えるようになり、精神が安定すると考えます。

もともと貧血があられることや、血を作り出す胃腸が強くない印象を受けたため、しっかりと「血」を補うことが重要であると考えました。ただし先述の通り、この方の場合は、恐らく「血」を補うだけでは足りず、「腎」を同時に強化していくことが大事だと考えました。

 

更に、もうひとつ気になるのは血流の問題です。ホルモンを運んでいるのは血液。血流が悪ければ、いくらしっかり栄養を補っても、必要な部位に栄養が届かず、臓器がうまく機能することができません。血流が悪いサインは、目の下のクマ、唇の周りが紫色を呈していること、肩こり頭痛/腰痛があること、経血に血塊が混じっていること、等です。

あとは主訴である月経前特有の諸症状。今まで述べた部分をしっかり補うだけでもだいぶ改善されるだろうと考えましたが、月経前は気の巡りが悪くなる「気滞」という症状が顕著に現れる時期なので、その対策も同時にしておきたいと考えました。「気滞」の症状は、「張って痛む」「情緒面が不安定になる」などが特徴です。巡りを良くして、月経前に出やすい身体と心の不調をケアしたいと考えました。

 

しっかり補ってしっかり流す。

これがきちんとできれば体は確実に変わってくると思い、2週間分でお薬をお出しすることにしました。2週間で大きな変化を期待すると言うよりも、まずは漢方薬の味や服用を続けられそうかどうかを確かめるためです。

その方のご年齢や体質にもよりますが、まずは3〜4ヶ月を一つの目安に服用いただくことをお勧めしています。西洋医学でも血液の生まれ変わりは120日と言われるのと、一発でお身体に合うお薬を見つけると言うよりも、仮説を立てて→お薬をお出しして→身体の反応を見て→また仮説を立てて→お薬をお出しすると言うのを繰り返し、3〜4ヶ月目あたりに、ピタッと合ってくるのを実感しているためです。

 

では次の記事で、この方がどのように変わっていったかを見てみましょう。

 

☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆

漢方相談を受けてみたい方はこちらから↓↓

★お問い合わせフォーム★

 

twitterもやってます!↓↓

はまゆう@漢方で身体とこころのケア

 

★吉祥寺東西薬局HP★

TEL 0422-47-9646

営業時間:月〜土 9:30〜19:00

定休日:日曜・祝日
☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆ 

2020年まとめ

blog、放置してしまい、気付いたら年末だ…うぅ

 

2020年終わりますね。1年早い。

 

今年はコロナ一色であっという間に過ぎて行ったけど

新しい患者さんと多く出会えた年でした。

もちろん上手くいくことばかりじゃないから

自分の無力さに打ちひしがれることもありましたが、

自分を好きになったり、抱えていた悩みが小さくなったり、

前を向いて歩いていく方を間近でみることができ、

総じてとても幸せな1年でした。

 

 

あと、あまり頻繁には更新できなかったけど、

blogでも自分の考えていることや大好きな中医学について書き始めて、

それを読んでくださる方がいて、

その反応によって、

自分が提供できる価値や、わたしにしか伝えられないことは何なのかを

改めて認識することができ、、トライしてみて良かったな〜!と思いました。

 

考えるのは好きだけど行動することがとても苦手で、

うじうじ悩んでしまう性格なのですが、、、

この1年で少し変われたかも…-_-?笑(ほんとかよ!笑)

 

わたしが行動するのが苦手なのは、

やり方がわからない、

失敗するのが嫌、

想定外のことが起きるのが怖い、

対処できないことに遭遇したときに「わたしにはできない」と思い知らされるのが嫌、

「かっこ悪い」と思われるのが嫌、

綿密な計画を立て完璧に結果を出さなければと思うから

始めるまでのハードルがクソ高い、

などの理由があると気付きました。

 

傷つくのを極度に恐れているのは、

その衝撃に耐えうるだけの自分を持っていなかったからだとも気付き、、

ひたすらにまずは自分を認め、自分の魅力をたくさん見つけ、

いつなんどきも自分の味方になってくれる人に助言をもらいながら

一歩一歩自分を立て直して行きました。

 

そうすると行動に移せるようになった。

予想とは違う反応がきても、軌道修正できたり、

より良くしていけたり、世界が広がったり。

 

やり方がわからないなら調べればいいし、

失敗したなら次上手くいくように原因を探したらいいし、

できないなら得意な人にアドバイスを貰えばいいし、

もちろん計画はあったほうがいいけど、

1回で全て完璧にするなんて誰でも無理なんだから、

(そして完璧というものはない)

やりながら少しずつ考えていけばいいじゃないと思えるようになったかなー。

 

でも1回できるようになったからといって

半永久的にできるものでもないから、

意識しないとまた元に戻っちゃう、、、、

 

まあまあ。一歩一歩。

 

来年はもっと中医学の魅力や素晴らしさを伝えて行きたいのと

わたし自身のことを伝えていくことで、

「明日の朝が来るのが楽しみ」と思える人を

もっと増やしていけたらいいなと思います。

 

まだまだ修行の身だけど、

わたしを頼ってきてくれる人が増えてきたから

そうも言ってられない!!!、、、

もっともっとレベルアップします。楽しみ!!

 

 

自分の良さと課題をしっかり把握して、

追い詰め過ぎず、ゆるくもなり過ぎず、

バランスよく自身の手綱を握っていけたらなーと思うのでした

 

待ってろ2021年〜

体験談(月経前の不調)

★M様/女性/26歳(初回来店時)

★主訴…月経前の不調

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(以下、原文ママ

①漢方相談をしようと思ったきっかけ

一年半ほど前から、月経前は普段よりネガティブになってよく泣いてしまったり、身体がだるくなったりすると感じていました。

でも1人暮らしだったので、家であれば元気がなくても心配をかけないと思い、外出時はギリギリ耐え、体調の波が人にばれないよう心がける生活をしていました。

半年ほど前に2人暮らしを始め、体調の波に気付いたパートナーから心配されるようになりました。なんとか改善したいと思ったところ、はまゆうさんのツイートを教えてもらい、相談に行ってみることにしました。
私自身はこれまで頭痛薬など手軽な薬も飲む習慣がなかったので、始めは薬に対して嫌悪感がありましたが、ツイートの内容を見て、安心して行くことができました。

 

漢方薬を飲んでみての感想
とても合っていると感じています。

まず、月経前の腰、背中の痛みが改善しました。

また、同時期に喉がどうしようもなく渇いていたのですが、それも改善しています。

気持ちの面も、大きく助けられています。

はまゆうさんの漢方相談に通うようになって、まずパートナーに自分の体調を言葉で伝えられるようになりました。そうすることで、お互いの不安やストレスが小さくなりました。
また、自分自身に対しても、心と身体の波を受け入れられるようになりました。

これまでは不調を自分の気持ちの弱さだと捉えて押さえつけていましたが、お話したり漢方を飲んだりする中で、休むことも頑張ることの一つだと感じ、上手く休めるように変化したと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

M様、お忙しい中体験談を書いてくださりありがとうございます。

月経前の不調に気づいたパートナーからの勧めで漢方相談にきてくださる方は多く、ご本人だけでなく、パートナーも安心してくださるようで、2人の関係が良好になる事がわたしは何より嬉しいです。

 

M様の場合、月経前の腰痛や口渇などの身体症状の辛さがまず緩和されたことで、気持ち的にも楽になられた部分があったのだと思います。月経前に不調が現れるのは、根性の問題やその方の弱さではなく、体のバランスを整えると楽になる部分も大きいのです。

 

そもそも月経に関連する不調は「肝」の臓器の失調であること、また、「腎」の臓器に関連する「腰」の痛みや強い口渇もあったことから「肝腎陰虚」をベースに処方を組み立てました。

初回にお出ししたお薬で、特に身体面に関してかなり実感があったため、同じものを継続でお出ししていましたが、気持ち面に関しては、「これは "月経前特有"の気持ちだ...」という感覚がまだ残っていらっしゃるので、これからもう少し調整を進め、更により良い状態(「あれ?いつの間にか月経がきた!!!」と驚くような)まで持っていけたら良いなと考えています。 情緒面を司るのも「肝」の働き。肝が本来持つ「疏泄(そせつ)機能」(…エネルギーや血液、水分がスムーズに巡るようにするはたらき)を高めると同時に、理気(りき)(…気の巡り自体を良くすること)することももう少し重視していけたらと思います。

 

このように思考を深め、「どうしたらもっと良くなるかな?」と考えることができるのも、ひとえにM様が継続して通ってくださり、その時の状態を真摯にお話してくださるためです。

 

またM様は、漢方相談をきっかけとして、パートナーの関係を始め、状況が好転したとおっしゃってくださいます。あまり馴染みのなかった「漢方薬」という手段を、勇気を持って選んでくださり、少しでも突破口になれたのならとても嬉しいです。

 

漢方薬はもちろん薬ではありますが、草木や動物、鉱物など、全て自然界のものでできており、食物の延長線上にあるもの。

現代に生きる私たち人間は、いくら文明が発達したとしても、自然の一部分です。機械ではないので完璧もありませんし、良いとき悪いときの波があるのが至極自然です。

生きていく中で、疲れたときや不調のときに、少し自然界の助けを借り、本来の自分を取り戻す手段として、漢方薬中医学が広がっていくといいなと思っています。

 

M様、ありがとうございました(*^^*)

引き続きどうぞよろしくお願いします!

 

☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆


漢方相談を受けてみたい方はこちらから↓↓

★お問い合わせフォーム★

 

★吉祥寺東西薬局HP★

TEL 0422-47-9646

営業時間:月〜土 9:30〜19:00

定休日:日曜・祝日
☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆ 

 

体験談(月経前や日々の不調)

有難いことに、twitterを見てきてくださる患者さんも増えてきました。

ですが、「漢方薬って実際どうなの…?」と思っている方も

少なからずいらっしゃると思うので、

実際に漢方相談を受け、漢方薬を飲まれている方の体験談をご紹介したいと思います。

 

★A様/女性/41歳

★主訴…月経前の不調

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(以下、原文ママ

①漢方相談をしようと思ったきっかけ

小さい不調は、全て疲れのせいにしており自分の体調は気合でごまかす生活をしていました。
ところが、今回のコロナで精神的にも時間的にも余裕ができ、いろいろ自分の体を見つめ直すとただの疲れではないのかもしれないと思いだしていたところでした。
そんな中、はまゆうさんのツイッターで、月経前の症状について投稿があり、思わずコメントしたところがきっかけです。

元々クスリを飲むと胃痛や口内炎などができ、あまり薬に頼りたくなく、漢方薬や食事で改善できたらと、フォローさせていただいていました。
webで手軽に相談もでき、また女性なので、女性特有の悩みもとても相談しやすいと感じました。

 

漢方薬を飲んでみての変化や実感

飲み始めて、明らかに体調が改善したと実感しています。
まず久々に会った友人からは、顔色が良くなったと言われました。
季節的な要因もあるかもしれませんが、ずっとカサカサしていた肌も特に化粧品を変えていないのに、少ししっとりしてきた気がします。

また諦めていた月経前の不調。
特に関節痛と、精神の落ち込みですが、関節痛が明らかに改善しました。
また、胸の張りも軽くなりました。
月経中も、鎮痛剤が手放せませんでした。
現在も、たしかに飲みますが相当飲む回数が減りました。
と、漢方を飲み始めてすぐの段階から改善が見られました。今で2ヶ月足らずですが、よくなるしかないのでは?と、前向きに飲めています。
2週間に一度オンラインでしっかり話を聞いてくださり、お薬を体に合わせて選んでいただけるので、とてもありがたく思っています。
これまで、おざなりにしていた自分の体を引き続き労ってあげるためにも、漢方薬を飲んで行きたいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

A様お忙しいなか体験談を書いてくださりありがとうございます。

40歳前後は女性ホルモンの変動が大きく、

体調の変化に戸惑われる方が多くいらっしゃいます。

 

「月経周期に伴い不調が現れる」という特徴をお持ちでしたので

「肝」=月経を司る

「腎」=ホルモン分泌、生殖、成長、発育を司る

にアプローチする漢方薬をメインとして薬をお出ししました。

 

また、月経前に現れる「関節痛」は、

身体の水捌けが良くないこと、

血流が悪くなることによるものと判断しました。

 

このような時期ですのでWEB相談のオンライン上のやり取りではありますが、

相談回数を重ねるごとに肌艶や表情が生き生きとされていくのが分かり、

わたしもとても嬉しく感じています。

 

また、A様もそうですが、漢方相談に来られる方は、

頑張り屋さんが多く、日々の不調を気合で乗り切るという

タフな精神をお持ちの方が多い印象です。

 

わたしも根性だけはあるほうなので、とても共感するのですが(笑)、

なりふり構わず突っ走って頑張る時期と、

一度立ち止まって自分を見つめ直す時期の、

バランスをとることが大事なのではないかと思います。

 

A様は、「コロナ自粛」という機会をうまく活用し、

今まで感じていたご自身の不調に向き合う選択をされました。

 

全ての不調が完全に良くなられた訳ではありませんが、

「これからもっと良くなれる」とA様もわたしも

身体の可能性を信じているため、今後も定期的にお話をしながら

身体を調整していければと思っています!

A様、引き続きどうぞよろしくお願いします(*^^*)

 

 

☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆

漢方相談を受けてみたい方はこちらから↓↓

★お問い合わせフォーム★

 

★吉祥寺東西薬局HP★

TEL 0422-47-9646

営業時間:月〜土 9:30〜19:00

定休日:日曜・祝日
☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆ 

「漢方薬はいつまで飲まないといけない?」問題

漢方薬はいつまで飲まないといけないのですか?」

 

これはよく聞かれます!

先生によっても考え方や回答は異なるのではないでしょうか?

 

わたしにご相談くださる方は、

婦人科系(特に月経の不調)にまつわる方が多いのですが、

人によって悩んでいらっしゃる年数や程度には差があります。

なので一概にこうだと言い切ることはできません。

薬によっても、長く飲み続けてOKなものと、そうでないものがあります。

f:id:hamayu_kampo:20200813190712j:image

 

漢方薬の基本的な考え方は、

⚫︎体にとって足りないものを補い

⚫︎体にとって余分なものを取り除く

ですから、

 

⚫︎足りないものが補われた

⚫︎余分なものが取り除かれた

状態になれば、必要なくなるというのが自然な考え方だと思います。

 

 

わたしが相談を行う上でいつも頭にあるのは、

「その方が自分自身の体質をよく理解し、

その時々の状況に合わせて、食事や生活習慣を選んでいけるようになる」

ことです。

 

「なぜ今の不調が現れてしまったのか」

「自分の体質はどのようなものなのか」

を一緒に探っていき、

 

その時々に合う食事や、避けた方が良い生活習慣などをご提案して

いけたらいいなと思っています。

 

ですが、(御多分に漏れずわたしもですが)

長年の習慣によって作られてきた自分の習慣や体質を変えるのは

なかなか難しい部分ではあります。

ですので、体調が良くなっても定期的にお話しながら、

お薬の調整や必要なものを入れたり抜いたりできればいいなと個人的には思います。

 

あとは調子が良くなってお薬を手放せる時がきて

一時的に漢方薬を離れたとしても、

もし困ったことや、調子が悪くなればいつでも戻ってきて

相談できる関係を築いていきたいと思っています。

 

いつでも、その人がその人らしくいられるために

必要な提案をしていきたいと思っています。

そのためにわたしも研鑽を積んでいきます!!

 

☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆

漢方相談を受けてみたい方はこちらから↓↓

★お問い合わせフォーム★

 

★吉祥寺東西薬局HP★

TEL 0422-47-9646

営業時間:月〜土 9:30〜19:00

定休日:日曜・祝日
☆。.:*:・'♪゜★。.:*:・'♪゜☆。.:*:・'☆